ACアダプタの故障?これを見ればわかるACアダプタの全て!使用していると危険!?

スマートフォンやタブレット端末で1番重宝されているものって何かご存知ですか?

充電です!

考えて見てください。充電が無かったらスマートフォンやタブレット端末って使えなくなります。

そして、もしかするとその充電よりももっと大切なのが充電器じゃないですか?今で言うとACアダプタが多いんじゃ無いでしょうか?

でもあなたが知ってるACアダプタって四角いUSBのポートが1つだけのでは無いですか?

今はいろんなACアダプタが存在しますが、実はACアダプタって結構危険が存在するんですよ!

実は知られていないけど、ACアダプタの扱いや購入に注意してする点をご紹介します。

ACアダプタとは?

ACアダプタとは、主に小型の電化製品を充電するための充電装置

スマートフォンやタブレット端末の他にゲーム機なども充電可能です。

また、最近のスマートフォンやiPhoneなどでは、充電器にACアダプタを付属品として箱に入っていますね!

そのため、コンセントさえあれば充電をする事は可能になり、またACアダプタ自体も小型なため荷物にもならないので持ち運びが便利ですね。

 

・ACアダプタの種類

ちなみにACアダプタの種類は、様々ですが今回はiPhoneとiPadでのUSB充電のACアダプタの種類を紹介します。

○小型のUSB充電ACアダプタ(iPhone付属)

iPhoneを購入した際に、箱に同伴されているACアダプタは、1Aの電流が流れて充電が可能になっています。

付属品としてついてくるACアダプタの充電ポートは1つだけなので、充電できる機器は一機だけになります。

○iPad充電用ACアダプタ

逆にiPadなど、大きいタブレット端末でのUSB充電ACアダプタは、2.4AとiPhoneでの充電とは充電速度や容量が倍になっています。

また、充電ポートはiPad購入時の付属品としては1つだけとポートになりますが、2つ3つとポートが付いているACアダプタも存在します。

iPad用のACアダプタの注意点としては、必ずiPadのみでの使用だけにしてください!iPhoneで、充電すると2倍の速さになるんじゃ、、と思いますよね?

しかし

iPhoneをiPad用のACアダプタで充電するとiPhoneの充電の減りが早くなったり故障しやすくなったりとデメリットでしかありませんので使用しないようにしてください。

 

・使用方法の注意

iPad用iPad用どちらもそうですが、充電するとアダプタ自体にを持ってしまいます。

結構熱くなったか経験あると思います!

これは充電している機器に電気を送ってるために起こる自然な事なのですが、思ったより熱くなっている場合は注意しましょう!実はiPhone内部で故障が起きていたりするとかなり熱くなる可能性があります。

iPadの場合だと、iPhoneよりもAが大きくさらに熱くなります。

例え、自然なことだといっても不自然な程に熱くなるようなら充電の際は注意しましょう。

 

・iPhoneの充電器コードの故障

iPhoneの充電器を使っていると1番起こりうる故障は断線です!

iPhoneを充電しながら触ったり、寝ながら触ったりするとコードに負荷がかかって断線します。

iPhoneの充電コードって本当に脆くて私も良く、断線させてしまいます。

でも、買うのもったいないからってそのまま使用したり、ビニールテープなどで補強しながら使ったりしてるんですけど、中の動線が見えて危ないなと感じます!

そんな時は100均ネット通販などで断線防止グッズを購入するのもいいかもしれませんね!今は100均でもいい防止グッズが売ってます。

一度のぞいて見てください!

 

・海外製のACアダプタの注意

AppleのACアダプタは1つだけなので、音楽プレイヤーや、パソコンなどに充電したい時にACアダプタが足りませんよね?

買い足す方々多いのではないかと思います。

しかし!

そこで注意していただきたい事は、割と海外製品って危険って事です!

実は海外のACアダプタに盗聴器が仕込まれる事って結構あることなんです。

購入した客はわかりませんが実は盗聴されてたなんて話ザラにあります。

そのため、正規品ではない海外製のACアダプタを購入する際は注意してください!

ちなみにどこに付けられるかというと、ACアダプタ本体の中に取り付けられることがあるみたいです。

 

まとめ

意外と知られていないACアダプタの種類や使用方法などをご紹介しました。

私は海外製のACアダプターを使っていますが特に問題なく使用できています。少し充電が遅い感じはありますがそれほどの問題ではない為そのまま使用しています。

ただACアダプタの換えが必要な場合どうしても、正規品だと値段が高くて海外製に手を出しがちですが、やはりご紹介した故障の原因となる場合もあります。

購入する際は、海外製か正規品かきちんと調べてから購入しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください